一般社団法人 保育教諭養成課程研究会

お知らせ

2021年度 第2回「日本乳幼児教育・保育者養成学会研究大会」開催案内
大会テーマ
「乳幼児期の教育・保育を担う質の高い保育者の育成をめざして」

 日本乳幼児教育・保育者養成学会も学会設立から2年目を迎え、研究大会をリモートで行い、また学会誌も刊行していきます。少しずつですが、養成校の教員の本学会への関心も広がってきていると思います。本学会は他のいくつもある幼児教育・保育に関わる学会に対して、特に、幼児教育・保育すなわち幼稚園・認定こども園・保育園などの幼児教育の施設での教育・保育(さらに子育て支援等)とその実践に携わる保育者の実践の質を高める手立てを明らかにすることを目指しています。それは養成校における養成教育のあり方と現職保育者の研修のあり方からなるでしょう。またそこへの行政的な支援なども幼児教育センターの働きなどを含めて重要な注目点になります。
 学会としては、学会誌や報告書などでその研究成果を公表するとともに、研究大会によって口頭発表(ポスターやシンポジウム等)により、会員の日頃の養成・研修における工夫とまたそこに関わるより良き成果の検討を論文としてまとめ、会員同士の討議へと発展させていきたいと考えています。また養成と研修のあり方は国全体また自治体や各種の団体による施策や支援に関わる動向にも影響されるので、そのことについて学び、またそこに適切な情報を伝え提言できるように力を蓄えていきたいと考えています。
 そのような優れた学びと研究を巡る情報交換の機会として第2回大会を開催致します。その開催にご努力いただいている関係の方々に感謝を申し上げるとともに、多くの会員の参加をお願いする次第です。 
                                    
                               理事長 無藤 隆

 2021年12月5日、「日本乳幼児・保育者養成学会 第2回 総会・研究大会」が開催されることとなりました。大会テーマは、「乳幼児期の教育・保育を担う質の高い保育者の育成をめざして」です。今年度もオンラインで開催することとなりました。
 参加・研究発表申込方法等は、7月中に大会HP開設、8月上旬より参加登録受付予定です。学会ウェブサイト、会員宛メール等で告知いたしますので皆様ご参加ください。
                            運営委員長 大方 美香



【日  時】 
  令和3年12月5日(日)10:00-14:30 オンライン及びオンデマンド開催

【大会日程】
  10:00~10:50 開会式(大会運営委員長挨拶/理事長挨拶/来賓挨拶)

  11:00~11:50 記念講演
    「令和の日本型学校教育と幼児教育に期待されていること」(仮)
     大杉 住子 氏 (文部科学省初等中等教育局 幼児教育課長)

12:00~12:50 対談   
    テーマ:「乳幼児期の教育・保育を担う質の高い保育者の育成をめざして」
     矢藤 誠慈郎氏(和洋女子大学 人文学部 子ども発達学科 教授)
     無藤 隆 理事長

  13:30~14:30
    研究発表/部会紹介

【大会参加費】 ・会員6,000円  非会員 6,500円

 ※保育者養成研究会のみで学会に入会されていない方は、
  今年度より非会員の扱いになります。)
 ※研究発表費はありません。
 ※支払いは、大会ホームページ上で行い、クレジットカード決済のみです。
 ※申込手続きは、大会ホームページ(7月中に開設予定)で参加、研究発表申込を行います。
 ※大会ホームページ開設後、保育者養成課程研究会、日本乳幼児・保育者養成学会ホームページ等から会
  員にお伝えします。
 ※大会参加申込期間は、8月2日(月)~大会当日までを予定しています。

【研究発表】
 ※研究発表の要件は、会員であること、今年会費納入済であることです。
 ※研究発表資料はPowerPointのスライド10枚程度をPDF化したものとします。
 ※研究発表では、第1回大会に引き続き「コロナ禍における保育者養成校や現職者研修等」に関する発表
  を積極的に募集します。
  学生への配慮・対応、メディア授業での工夫、保育実習等の工夫等、実際の事例等についてぜひ、ご発表くださ
  い。


















日本乳幼児教育・保育者養成学会/保育教諭養成課程研究会 第1回 研究大会 最新情報
日本乳幼児教育・保育者養成学会/保育教諭養成課程研究会 第1回 研究大会
大会テーマ:「新しい時代における保育者の資質向上の方策を考える」

■期 日
2020年12月6日(日)オンライン:10:00~13:00 オンデマンド:大会当日
■日 程
10:00~10:50 開会式
 (大会運営委員長挨拶/学会設立経緯等の説明/理事長挨拶/来賓挨拶)
11:00~11:50 記念講演:「これからの教育研究に求められること」
 湯川秀樹氏(文部科学省初等中等局 視学官)
12:00~12:50 対談:「OECD幼児教育調査から見えてきたこと」
 掘越 紀香氏(国立教育政策研究所幼児教育センター 統括研究官)
 無藤 隆 理事長
大会当日   研究発表・研究部会紹介

■大会申し込み方法
 以下の大会ホームページにアクセスし、「大会参加登録」より申し込み(オンライン登録)をお願いします。

https://award-con.com/ecectet2020/

■大会参加費
・学会員・保養研会員5,000円  非会員5,500円 ※研究発表費はありません。
・支払いは、大会ホームページ上で行い、クレジットカード決済のみです。

■申込手続き
・大会参加申込期間は、10月初旬~大会当日までを予定しています。
・大会ホームページから、大会参加登録、研究発表登録を行ってください。

■研究発表
・大会ホームページ上で、研究発表資料(PDF形式のみ※)を公開し、質疑応答を行いま
す。
 ※研究発表資料のファイルの容量制限は30MBです。資料のページ数に制限はありまん。
・研究発表の要件は、会員であること、今年会費納入済であることです。
・研究発表の、筆頭発表での申込は1人3件までです。
・研究発表申込期間は10月初旬~11月8日、研究発表資料提出は11月10日~11月20 
日です。
【注】研究発表申込・研究発表資料提出期間を、当初のご案内から延長・変更しています。
・研究発表の要旨は200字以上400字以内とし、大会プログラムに掲載予定です。
・研究発表では、「コロナ禍における保育者養成校や現職者研修等」に関する発表を積極的に募集します。学生への配慮・対応、メディア授業での工夫、保育実習等の工夫等、実際の事例等についてぜひ、ご発表ください。

●大会参加申し込み【10月初旬~大会当日】
●大会参加費納入【10月初旬~大会当日】
●研究発表(題目・要旨)申し込み【10月初旬~11月8日】
●研究発表料提出【11月10日~11月20日】

※大会参加申込・参加費納入、研究発表申込・資料提出の手続きはいずれも、大会ホームぺージからアカウントを作成した「マイページ」から行います。
「マイページ」のアカウントは、新たに大会専用のIDとパスワードを設定してください。
                         
日本乳幼児教育・保育者養成学会/保育教諭養成課程研究会  第1回 研究大会 大会ホームページ開設のお知らせ
 2020年12月6日開催の「日本乳幼児教育・保育者養成学会/保育教諭養成課程研究会 第1回 研究大会」の大会ホームページが開設されました。
以下URLより、申し込み手続きをお願いします。

https://award-con.com/ecectet2020/
日本乳幼児教育・保育者養成学会と保育教諭養成課程研究会合同研究大会のお知らせ
理事長挨拶 理事長 無藤 隆

 日本乳幼児教育・保育者養成学会と保育教諭養成課程研究会合同の第1回研究大会を2020年12月6日、開催する運びとなりました。「新しい時代における保育者の資質向上の方策を考える」を大会テーマとしています。本学会は幼稚園教諭・保育士の養成課程の改善と現職の研修の質の向上を目指し、すべての幼児教育・保育施設の質の改善とそこで働く保育者等の資質の向上につながる実践的な研究の発表・交流の場として研究大会を開催します。
 今回は昨今の情勢により、オンライン及びオンデマンド形式で開催いたします。不便なところも多々あろうと思いますが、各会員の自宅あるいは職場からのアクセスが可能になるという良さを生かして、充実したものにしたいと考え、砂上委員長の下、準備を進めて参りました。
 本年は感染症の拡大状況の中で養成校の授業の実施も現職保育者の研修の開催についても担当者は苦労を重ねてきたと思います。その工夫を分かち合いながら、同時に何年も掛けて行ってきた養成・研修の改善・向上についてもその検討の発表を進めて参ります。それを元に議論を進められるよう、多くの方の参加を待ち望んでいるところです。
                                          

日本乳幼児教育・保育者養成学会 研究大会運営委員長 砂上 史子

 新型コロナウイルス感染症のため、延期されておりました日本乳幼児教育・保育者養成学会と保育教諭養成課程研究会の研究大会を、下記の通り開催いたします。本年4月に設立された日本乳幼児教育・保育者養成学会及び保育教諭養成課程研究会の趣旨を踏まえ、「新しい時代における保育者の資質向上の方策を考える」を大会テーマとし、オンライン及びオンデマンド形式で開催いたします。。
「コロナ禍」の下、保育現場及び保育者養成校では、予測困難な状況での対応の模索が続いておりますが、会員の皆様とともに、新しい時代における保育者養成や保育者の資質向上に関してともに学び合い、議論と交流を深める機会になることを願っております。
 詳しい大会参加申込・研究発表申込につきましては、今後、10月初旬に開設予定の大会ホームページにてお知らせする予定です。


期日:2020年12月6(日) オンライン:10:00~13:00  オンデマンド:大会当日

大会テーマ:「新しい時代における保育者の資質向上の方策を考える」

実施方法:オンライン(Zoomウェビナー)及びオンデマンド(大会ホームページ)

大会日程:
オンライン
10:00~10:50 
開会式(大会運営委員長挨拶/学会設立経緯等の説明/理事長挨拶/来賓挨拶)

11:00~11:50
記念講演:湯川秀樹氏(文部科学省初等中等局 視学官)

12:00~12:50
対談:掘越紀香氏(国立教育政策研究所幼児教育センター統括研究官)×無藤隆 理事長

オンデマンド
研究発表及び研究部会紹介

大会参加費
・学会員・保養研会員5,000円  非会員5,500円 ※研究発表費はありません。
・支払いは、大会ホームページ上で行い、クレジットカード決済のみです。

申込手続き
・大会参加申込期間は、10月初旬~大会当日までを予定しています。
・大会ホームページから、大会参加登録、研究発表登録を行ってください。

研究発表
・大会ホームページ上で、研究発表資料(PDF形式のみ※)を公開し、質疑応答を行います。※研究発表資料のファイルの容量制限は30MBです。資料のページ数に制限はありません。
・研究発表の要件は、会員であること、今年会費納入済であることです。
・研究発表の、筆頭発表での申込は1人3件までです。
・研究発表申込期間は10月初旬~10月31日(予定)、研究発表資料提出は11月初旬~11月20日(予定)です。
・研究発表の要旨は200字以上400字以内とし、大会プログラムに掲載予定です。
・研究発表では、「コロナ禍における保育者養成校や現職者研修等」に関する発表を積極的に募集します。学生への配慮・対応、メディア授業での工夫、保育実習等の工夫等、実際の事例等についてぜひ、ご発表ください。

大会ホームページは、10月初旬に開設予定です。
開設時には、会員の皆様にメール等でご連絡します。
開設後、大会ホームページから、大会参加申込、大会参加費納入、研究発表(題目・要旨)申込、研究発表資料提出等が可能となります。






研究大会の開催についてお知らせ
延期されておりました「保育教諭養成課程研究会研究大会」は、「日本乳幼児教育・保育者養成学会 研究大会」と共催にて開催することとなりました。
新型コロナウイルス感染症による影響等を考慮し、11月下旬以降に、オンラインで開催します。日時、参加・研究発表申込方法等は、8月上旬に研究会HP、学会HP、会員宛メール等で告知予定です。

日本乳幼児教育・保育者養成学会 第1回研究大会
2020年度保育教諭養成課程研究会研究大会
運営委員長 砂上史子

過去の研究会情報一覧